アルコール系界面活性剤入りシャンプー


脂漏性湿疹(フケ症)は頭皮に受けるダメージが大きい病気です。頭皮の皮脂が多過ぎることが原因で炎症を引き起こしてしまうので、毎日のシャンプーで皮脂を除去する事が重要なのです。そこで大切になってくるのがどんなシャンプーを使うか、という点。調べてみると、世の中には実にいろいろなシャンプーが流通していることがわかるのです。

シャンプーで最も多く製造され、派手に宣伝されているのが石油系界面活性剤入りシャンプーです。水と油はもともと混じりあわない性質があります。そのために皮脂汚れを水で落とそうとしても簡単には落ちてくれません。手に付いた油をただの水で洗い流そうとしてもきれいにならないのと同じです。そこで重要な役目を果たすのが「界面活性剤」。水と油を結び合わせる性質を持っているため、これが含まれているせっけんは汚れを除去しやすくなっています。

市販のシャンプーで使われている合成界面活性剤の多くは、石油系やアルコール系のものなのです。成分表をみるとラウリル硫酸塩といった表示がされているのがこの製品です。洗髪後にシャンプー剤が残りやすく、肌にとってはよくない成分といえるでしょう。泡立ちが良く洗浄力も強いのですが、肌に残って刺激を与えることがすくなくありません。また、洗浄力が強力すぎて皮脂を取り過ぎてしまうことが多いのです。

必要な皮脂も取り除かれてしまった肌は、皮脂の足りないことを察知して、これまで以上に皮脂を分泌させていきます。その結果、皮脂を少なくしたいはずが、かえって皮脂が多くなってしまうという皮肉な結果がみられているのです。

関連エントリー

 
Copyright © 2012 脂漏性湿疹におすすめの頭皮用シャンプー. All rights reserved