脂漏性湿疹で使うかゆみ止め


脂漏性湿疹(フケ症)はかなりかゆみがひどい病気です。皮膚の炎症が起きるため、アトピーなどのように皮膚がかゆくてかゆくて仕方がないことが多いのです。掻いたら患部を傷つけて、さらに悪化させてしまうと思うと、毎日ガマンの連続です。そうはいっても無意識のうちに掻いてしまっていることもあるでしょう。そんな時にかゆみ止めを処方してもらえれば、それほど苦しまずにかゆみを克服する事できるに違いありません。

かゆみを止めることは治療の中でも重要です。いわば自動車事故の二次災害を防ぐようなものなのです。自動車事故は避けようとしてもどうしても起こる出来事です。しかし、いったん事故が起きた後に怪我人や事故車を脇に寄せたり交通整理をしたりといった対策を取らないと、事故現場にまた別の自動車が突っ込んできて二次災害が起きる可能性があります。被害はできるだけ少ないほうがいいのですから、事故が起きてしまったのであれば次善の策として二次災害の防止に努めることは重要です。

同様に、最初から皮膚炎を起こしたいと思って起こす人はいませんが、起きてしまったら被害をできる限り最小限のままで完治させたいものです。ところが、炎症はしばしばかゆみを伴い、患部を掻いてしまえばさらに悪化させてしまうことになるのです。いわば二次災害のようなものです。

そのため、炎症の治療の際には、原因を改善する事と同時に炎症の鎮静やかゆみの抑制が重要なこととして治療されていくのです。かゆみ止めとして処方されることが多いのは、抗ヒスタミン剤です。それによって、患部を掻きむしらずに早めに回復させていくことができるのです。

関連エントリー

 
Copyright © 2012 脂漏性湿疹におすすめの頭皮用シャンプー. All rights reserved