ステロイド剤を使用するのは正解?


脂漏性湿疹(フケ症)は炎症を伴う症状で、炎症鎮静のためにステロイド剤がよく処方されています。ただし、このステロイド剤に関する思いにはいろいろな感情があるために、即効性に期待する向きもあれば使用したくないとの思いもみられ、難しい選択を迫られています。

このステロイド外用薬は皮膚に塗る薬なのですが、湿疹や炎症を鎮静するために使用されます。ステロイド外用薬を塗るとスッと炎症が収まるのですが、よくなったと塗るのを止めると炎症が再発するために長期間使用を続けてしまいがちな薬といえます。それは、いわば症状を和らげているだけで、病気の原因を改善していないからなのです。闇雲に長期間皮膚に塗り続けると、皮膚が薄くなったり、血管が浮き出てきたりといった副作用がでてしまうため、使い方に注意が必要です。

ステロイド外用薬を皮膚に塗る際には、塗りたい患部だけに塗布するようにして、その他の箇所に広がらないように注意しましょう。また、2週間以上連続して使用しないようにも注意したいものです。ステロイド外用薬のいいところは即効性です。塗り始めて数日から1週間もすれば炎症も収まり、効果が現れてきますので、その素早い効き目を上手に活用していきたいものです。

また、ステロイド外用薬は皮膚の部位によって吸収率が違ってきます。頭や顔といった部位は非常に吸収率がよく、手足は吸収率が悪いので、処方に従って使うのが正しい使い方といえるでしょう。

関連エントリー

 
Copyright © 2012 脂漏性湿疹におすすめの頭皮用シャンプー. All rights reserved